外構BLOG

エクステリアに関するお役立ち情報を配信しています。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 庭づくり
  4. 庭の砂利はどれにする?おすすめの10種類と砂利のメリットとは?
庭の砂利はどれにする?おすすめの10種類と砂利のメリットとは?

庭の砂利はどれにする?おすすめの10種類と砂利のメリットとは?

お庭に砂利を敷きたいとお考えの人もいるのではないでしょうか?簡単にお庭の雰囲気を変えられる砂利は、手軽に購入できることからDIYでも人気のアイテムです。しかし、実は砂利にはたくさんの種類があり、どの砂利を選ぼうか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか?

そこで本記事では、砂利のメリットや選び方を紹介します。本記事の最後には、おすすめの砂利を10種類チェックできます。ぜひお庭作りの参考にご覧ください。

お庭に砂利を敷くメリット

お庭に砂利を敷くメリット

ここではお庭に砂利を敷くメリットを紹介します。砂利は、お庭の雰囲気を変えるだけでなく、雑草対策や防犯対策にも効果的なアイテムです。

お庭の雰囲気が変わる

砂利にはたくさんの種類があり、お庭の完成イメージによって使い分けることで簡単に雰囲気を変えられます。また和風・洋風どちらのお庭デザインでも砂利は使いやすく、おしゃれな雰囲気を作ることが可能です。

水はけが良くなる

お庭の土がむき出しの状態のままだと、雨の日に水たまりができやすく泥がはねる原因になります。そのまま自宅内に入ると玄関が汚れたり、車や家の外壁を汚すことにもつながるでしょう。砂利を敷けば、水はけが良くなり、水たまりも少なくなるメリットがあります。泥がつくことも減り、快適な生活をサポートしてくれます。

雑草対策になる

砂利は雑草対策としても効果的です。砂利を敷くことによって、日光が遮られ雑草の成長を妨げます。さらに、砂利を敷く前に防草シートを敷けば、より雑草が生えにくくなり、美しい景観を保てます。

防犯効果が期待できる

砂利の上を歩くと、ザッザッと音がしますよね?この音が防犯対策に有効です。歩くたびに音がする砂利は、不審者の侵入を防ぎます。また、防犯砂利と呼ばれる、一般的な砂利よりも大きな音がする砂利もあり、防犯効果を期待して砂利を取り入れるケースもあるでしょう。

お庭の砂利の選び方

お庭の砂利の選び方

ここでは、お庭に使用する砂利の選び方について紹介します。

砂利の種類

まず、お庭の完成イメージに合わせて砂利を選びましょう。次に紹介する砂利は、よくお庭にも使われる種類です。どんなお庭イメージにも合う白玉砂利や黄色やピンクの砂利など、お庭のデザインによって、選ぶとおしゃれなデザインをひきたてるでしょう。豊富な種類があるため、色や形を組み合わせて使うデザインもあります。

サイズ

砂利にはサイズがあります。使う場所によって、サイズも検討することがおすすめです。例えば、駐車場です。駐車場に使用する砂利は、一般的に中くらいのサイズと呼ばれる2㎝〜4㎝がおすすめです。なぜなら、小さいサイズの砂利は、車の移動中に飛び散ることがあり、ある程度の大きさが必要なためです。お庭のデザインアップに使用される砂利のサイズは小さめ〜中くらいのサイズがいいでしょう。人が歩く場所や庭一面に敷き詰める際は、均一に敷き詰めることで景観がアップします。

大きめサイズの砂利は、お庭のアクセントとしての利用がおすすめです。シンボルツリーの下や花壇など、ポイントとして使用することで、デザインを引き立てます。

予算

砂利を敷くコストは、砂利を敷く面積や厚みによって砂利の使用量が異なります。砂利の価格は、種類によって異なりますが、10kgで500円前後〜数千円するものまであります。また、業者に依頼した場合、砂利を敷く前に整地や防草シートをひく作業があるため、予算が増えますが、雑草対策の手間が省けたり均一で美しい砂利を仕上げてくれるメリットがあるでしょう。

費用相場
・お庭30㎡の庭の面積の場合:約90,000円〜120,000円
・1台分の駐車場の費用:約39,000円〜52,000円
参考サイト:https://www.yyy-yamachi.com/myke/products/5150/

お庭におすすめの砂利10選

お庭におすすめの砂利10選

ここでは、お庭におすすめの砂利を10種類紹介します。

白玉砂利

白玉砂利は、名前にもあるように、白い石が特徴です。角がなく丸みの帯びた玉砂利は、洋風・和風どちらのデザインのお庭でもおしゃれな材料としも人気です。白玉砂利は、明るい印象のお庭にしたい際も使われます。大きなサイズ白玉砂利をアクセントとして活用するデザインもあります。他の種類の砂利とも相性が良い点も魅力です。

赤玉砂利

赤玉砂利は、赤みのある色が特徴です。特に、枕木やレンガなどを活用したデザインのお庭にマッチしやすい砂利です。洋風なデザインのお庭と相性がいいでしょう。

那智黒石

高級感のある漆黒が特徴の那智黒石。ツヤのある美しい砂利は、和風のお庭におすすめです。アクセントとしての活用も存在感があります。

五色砂利

緑・赤・白などの複数の色が楽しめる五色砂利は、お庭がおしゃれに仕上がるとして人気です。洋風・和風どちらのデザインでも、メインとしてもアクセントとしても活用しやすい砂利です。

クラッシュブリック

クラッシュブリックは、レンガを砕いてできた砂利です。洋風やリゾート感のあるデザインのお庭によくマッチするでしょう。レンガの温かみのある赤・茶色やベージュ・グレーなどの色も豊富です。色を組み合わせて使用するなど、デザインのバリエーションも広がります。

クラッシュイエロー

黄色みのある砂利が特徴のクラッシュイエロー。おしゃれなお庭づくりに人気のアイテムです。明るい雰囲気がありながら、植物との相性も良く、組み合わせによっては、アジアンリゾート感のあるデザインにもなります。

チョコレートロック

チョコレートのようなブラウンが特徴のチョコレートロックは、洋風なお庭デザインとの相性が抜群です。

コーラルピンク

淡いピンク色が柔らかい印象を引き立てるコーラルピンクの砂利は、可愛らしいお庭づくりにおすすめです。

瓦チップ

瓦チップは、環境にもやさしい砂利としても注目されています。花壇やレンガ、コンクリートなどの隙間に敷いてポイントとしてもおしゃれなお庭に仕上がります。

防犯砂利

防犯砂利は、人が歩くと他の砂利に比べて大きな音がします。そのため、不審者が嫌がり防犯対策として活用できます。他の砂利も音はしますが、より大きな音が出るため防犯対策をしっかりしたい際は、検討したい素材です。

お庭に砂利を敷く際の注意点

お庭に砂利を敷く際の注意点

DIYでも簡単に取り入れられる砂利は、お庭の雰囲気作りにも役立つアイテムです。しかし、注意したい点もあります。ぜひ注意点もチェックしてから、お庭に取り入れてみてください。

掃除がしにくい

砂利は、掃き掃除がしにくい点がデメリットです。例えば、落ち葉やほこりなどを取り除きたいときです。ほうきを使った掃き掃除では、落ち葉やほこりと一緒に砂利も混ざってしまうことがあるでしょう。また、雪が降る地域では、雪かきがしにくい点もデメリットです。掃除することも考えて、砂利を使う場所を選ぶことがおすすめです。

歩きづらい

砂利の上は、歩きにくいと感じることがあります。例えば、女性はヒールの高い靴・ピンヒールなどを履いて砂利の上を歩くことは、転倒や靴の傷につながることが考えられるでしょう。また、スーツケースやベビーカーなども、砂利の上では通りにくくなります。家族のライフスタイルに合わせて、砂利を敷く場所を検討し、使用することで快適なエクステリア作りに役立てましょう。

まとめ

砂利は簡単にお庭の雰囲気を変えたり、雑草対策ができたりとお庭づくりに人気のアイテムです。たくさんの種類があり、お庭のデザインに合わせて砂利を選ぶことで、お庭のアクセントにもなります。砂利にはサイズがあり、場所や用途によって使い分けるとより快適なお庭づくりに役立ちます。また、砂利を使う際は、整地や防草シートで下準備を整えるとより綺麗に仕上がります。

砂利を使用する面積や量によってもコストは異なりますが、比較的入手しやすい価格も砂利の魅力です。ぜひ、今回紹介した砂利を参考に、お庭づくりにお役立てください。

関連記事

line