外構BLOG

エクステリアに関するお役立ち情報を配信しています。

  1. HOME
  2. Blog
  3. フェンス・塀
  4. ブロック塀を設置する際の相場費用とは

ブロック塀を設置する際の相場費用とは

ブロック塀設置の費用内訳

隣地の方の窓が近くプライバシーを守りたい時や境界をしっかりと作りたいと考えている時にはブロック塀が便利です。
道路も頻繁に人が通る場合なども、ある程度の高さがあれば家が見えにくくなりますので視線を遮ることができます。

最近ではおしゃれなデザインなものも増え、自宅の外観に合ったものを選ぶこともできます。
中には元々あるものが古くなってしまい、建築基準法の兼ね合いからも新しくしたいと思っている方もいるかもしれません。

ある程度費用も掛かりますので、予算オーバーとならないようにいくらくらい掛かるのか把握しておきましょう。
算定方法は業者によって違いますので、いくつか気になった業者があれば問い合わせて費用を比べてみてもいいでしょう。
だいたい多いのが、面接に基づいて単価を掛けてどのくらいになるか出します。
内訳の項目も1つではなく、いくつかありますので覚えておきましょう。

採掘作業

簡単にブロック塀が倒れないように、まず始めに地面を掘り起こして基礎を作る場所を確保します。
一般的にも、コンクリートの基礎を作る時には地中に作りますので、どのような基礎を打つか決めてそれに合った形で掘り起こします。
そして地中はこの段階ではまだ柔らかいので、しっかりと転圧などをかけて砕石なども敷き、固く均一な高さにもしていくのです。

その規模などにもありますが、だいたい堀削工事および埋め戻し作業は約30,000円前後になるケースが多く、その作業状況によっては残土処分費が追加になり、4,000円前後からその規模に応じて掛かる場合が多いです。
逆に土が足りないという場合は埋めなければならないので、こちらも費用が別途発生します。

コンクリート基礎工事

ブロック塀を作るうえで一番重要なのが、この基礎工事になります。
特にここが適当になってしまうと、地震で倒れやすくなってしまい人的被害を与えてしまうからです。
さらに建築基準法というものがあり、規定に従って作らなければいけないとも決まっています。

基礎は地面よりも5cm以上立ち上げる、根入れも35cm以上行うなどと細かく決まっています。
コンクリート基礎工事での費用は布基礎10,000平方メートルで9,000円から、ベース基礎は4,000円からで5,000平方メートルです。
その広さなどで、金額の上限は出てきます。

ブロック積み

しっかりとした強度を出すためにも、ブロックの中にモルタルが入っていて、配筋なども行われているかも重要です。
このブロック積もその数や規模によって、金額の上限は変わります。

ブロック積み作業の場合、コンクリートブロックでは10,000平方メートルで9,000円からとなり、化粧ブロックの場合は12,000円からとなります。
選ぶ種類でも大きくトータル価格は変わってきますので、しっかりと相談をして予算内に収まるように決めていきましょう。

運搬&諸経費

大まかな費用のほかに、自宅まで業者が運んできてくれる運搬費やそのほかの細かい費用の諸経費が掛かります。
掛かる金額で言うと、運搬費は一式10,000円からとなり、全体の10%の金額です。

諸経費は全体の10%から20%となるケースが多いでしょう。
ざっと平均的な費用を見てみても、ある程度100,000円以上は掛かってきますので、それ以上の予算を見積もっておくようにしましょう。
こだわりが出てくればその分、プラスで費用が掛かりやすくなります。

解体・除去費用について

新築で自宅を建ててからまだブロック塀を作ったことのない方は問題ありませんが、中にはすでに昔のものが立っていてリニューアルしたいと考えている方もいるでしょう。
新しくする際には、まず既存のブロック塀を解体し除去しなければなりません。

その後にまた新しくしっかりと基礎を作り、どんな塀にするかを決めて工事してもらうようになります。新しいブロック塀だけでの予算を考えてしまうと、解体や除去の費用がなく困ってしまうことにもなりかねません。

ある程度の広い範囲ものを解体する場合そこそこの金額も掛かってきますので、予算は少し多めに用意しておいたほうがいいでしょう。
目安としては3平方メートルのコンクリートブロック塀を壊して新しくしたい時には、費用が約40,000円から50,000円掛かると言われています。

建築基準法施行令にご注意

今の住宅もけっこう昔に建てたままを大切に使ってきていて、実は塀もその時に一緒に施工してもらったままのものを使用しているという方もいるかもしれません。
大きい地震が来た時にも自分の家のものは大丈夫だったからいいと感じている方もいるかもしれませんが、次の大きな地震が来た時にも絶対に大丈夫とは言い切れません。

さらに万が一その瞬間に通行人の方が通っていて、その方へ向かってブロック塀が倒れてしまったら……最悪な時代が起きてしまいます。
そうなってしまう前に、できるだけ早く新しいブロック塀に変えるようにしましょう。

1978年の宮城県沖地震でも人的被害がありましたし、最近では大阪の地震でも小学校のブロック塀が倒壊しました。
他人事ではないと考え、早めに新しくするのが賢明です。

ただ費用もすべて合わせて10,000円以内で済むなど安ければすぐにできても、ある程度の金額は掛かります。簡単には業者に頼めないと感じている方もいて、そのままにしてしまっている方もいるでしょう。

自治体によって変わってきますが、中には倒壊の危険があると判断されたものに対し補助金を出してくれる地域もあります。
普通に工事をするよりも安く済みますので、まずはお住まいの地域で行っているか調べてみましょう。

まとめ

費用としても、土を掘って転圧などをかける作業からコンクリートの基礎、コンクリート積み、さらに運搬費や諸経費まであるので、ある程度の金額は掛かると覚えておきましょう。

さらにおしゃれなブロック塀にしたい、作りたい面積が大きい場合は平均の費用以上に掛かってきます。
中には昔から同じブロック塀を使っていて倒壊の危険がある方もいるかもしれませんが、自治体で費用を補助してくれる場合もありますのでまずは相談してみましょう。

Related posts

line