外構BLOG

エクステリアに関するお役立ち情報を配信しています。

  1. HOME
  2. Blog
  3. エクステリアの基礎知識
  4. 門柱の設置にかかる費用を種類別に解説

門柱の設置にかかる費用を種類別に解説

一生に一度の家づくり。家の外観や室内に費用をかける方は多いのですが、門柱に費用をかける方は多くはありません。ですが、門柱は家の第一印象を決めたり防犯効果がわかれたりする、意外と大切な部分です。

そんな門柱の設置にかかる費用相場は「1〜30万円」と、とても幅広く、選択する門柱の種類によって大きく異なります。今回は、門柱について以下のことをまとめています。

  • 門柱の種類ごとの特徴・メリット・デメリット
  • 門柱の種類ごとの費用相場

これから家づくりをされる方は、最後まで目を通してみてください。

門柱の設置の種類について

一口に門柱を言っても種類はさまざま。門柱の種類や機能性によって費用相場は異なり、門柱の種類には大きくわけて以下の4種類があります。

  • コンクリートブロック製門柱
  • タイル貼り門柱
  • 左官仕上げ門柱
  • 機能門柱

ここではそれぞれの種類のメリットやデメリット、特徴について解説していきます。

コンクリートブロック製門柱

コンクリートブロック製の門柱は、日本で一番使用されている門柱です。施工方法はとてもシンプル。コンクリートブロックまたは化粧ブロックを重ね、モルタルで接着しながら門柱を作っていきます。化粧ブロックとは、ブロックの表面に凸凹や着色などがある意匠製の高いコンクリートブロックのことです。

コンクリートブロック門柱のメリットは、費用も安価でメンテナンスがあまり必要ないことです。見た目の問題ではありますが、門柱の表面が白くなること(白華現象)が起こってしまうのがデメリットです。コンクリートが白くなっても専用の洗剤を使えば落とせるので、手入れをしておけば見た目のキレイさを維持することができます。

タイル貼り門柱

タイル貼り門柱は、下地の上にモルタルや接着剤でタイルを貼り付けた門柱です。カラーバリエーションや柄も豊富なので自由度が高く、好みのデザインを再現できます。

また、汚れにも強く、耐久性があることもメリットです。デメリットはコンクリートブロック製門柱に比べて費用が高くなってしまうことです。

左官仕上げ門柱

左官仕上げ門柱は、左官職人が鏝(こて)を使ってモルタルやジョリパット、珪藻土や漆喰で模様を表現して仕上げる門柱です。人の手で仕上げるので、温かみのあるデザインにできるのがメリット。

また、左官仕上げ門柱は「ナチュラル・北欧・カントリー」の家と相性が抜群。家の外壁の素材と合わせれば統一感を出すこともできます。「門柱部分も家の雰囲気に合わせてこだわりたい」という方には左官仕上げがおすすめです。

ただし、職人が手作業で仕上げていくので工期がかかることがデメリットです。下地のブロックを積み重ねたあとに左官仕上げをしていくので、他の門柱に比べて工期は長くなってしまいます。

機能門柱

機能門柱とは、門柱にポストやインターホンなどの機能を持たせた門柱のことです。素材はアルミや樹脂、鉱物が多く見られ、形状はポールやウォールタイプなど、種類が豊富です。自分の好きな機能が備わっている門柱を選ぶとよいでしょう。

機能門柱のメリットは、門柱に機能を持たせられることです。門柱にインターフォンやポストがついていれば、来訪者が敷地内に入らなくなるので防犯効果も期待できます。また、機能門柱はコンパクトなデザインの物が多く、狭い敷地でも設置できることがメリットです。

ただし、門柱にポストを配置した場合は、門柱まで郵便物を取りにいかなければならないことや、狭い敷地では自転車やバイクを出し入れするときに邪魔になったり、スペースが狭くなったりしてしまうことがデメリットです。

門柱の種類別の費用相場

ここまでは門柱の種類別にメリットやデメリット、特徴について紹介しましたが、やはり気になるのは「費用」ですよね。ここでは、門柱の種類別に費用相場を紹介していきます。門柱本体の費用相場なのでこの価格に「施工費用」が追加されます。施工費用は施工会社によってさまざまですが、「3〜5万円」が相場です。

コンクリートブロック製門柱の費用相場

コンクリート門柱の費用相場は、シンプルなものであれば「5〜10万円」前後です。コンクリートブロックと化粧ブロックのどちらを選択するかによっても価格は変動します。また、デザインを追加するとオプション料金が追加され、費用は高くなっていきます。

タイル貼り門柱の費用相場

タイル貼り門柱の費用相場は「10万円〜」と幅広くなっています。タイルの素材や種類、デザインによって価格が上下するからです。「タイルにしたいけど費用をできるだけ抑えたい」と悩んでいる方は、タイルのグレードを落とすことでタイルを取り入れながらも、費用を抑えることができます。

左官仕上げ門柱の費用相場

左官仕上げ門柱の費用相場は「10〜30万円」です。左官仕上げ門柱もタイルと同じように、仕上げる素材によって費用が大きく変動します。ジョリパットやモルタルは安価なのに対し、珪藻土や漆喰を使用すると費用は高くなってしまいます。

職人が手作業で仕上げを施すので、他の門柱と比べて費用が高くなってしまうことは頭に入れておきましょう。

機能門柱の費用相場

機能門柱の費用相場は「1〜20万円」ととても幅広くなっています。機能門柱はコンパクトでシンプルなものから、しっかりと機能を持たせたものまで種類が多くあるからです。また四角柱やポール型、ウォールタイプなどの形状、アルミや鉱物などの素材によっても価格は大きく変動します。

「とにかく費用を抑えたい」という方は、シンプルかつ機能も最小限のものを選んでおけば費用を抑えることができます。

門柱は家の雰囲気や持たせたい機能から選ぶ

冒頭にも書いたように、門柱は家の第一印象を決める大切な部分です。また、門柱の機能性や設置場所によって防犯効果も変わってきます。門柱の設置にかかる費用は、種類によって大きく異なりますが、家の雰囲気や持たせたい機能から選ぶとよいでしょう。

門柱を選ぶポイントは以下の記事を参考にしてみてください。

門柱費用を確保して、門柱にもこだわってみませんか?

Related posts

line